ご挨拶

ご挨拶

 2021年6月25日開催の第66期定時株主総会にて、新たに代表取締役社長に就任いたしました亀谷淳一でございます。
 新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。


 2021年3月期 における世界経済は、期初の新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大の影響および米中経済摩擦の影響もあり、急激に減速しました。第2四半期以降は各国政府による経済活動の段階的再開によって回復の動きが見られるなかで、今年に入りコロナワクチン接種が始まりましたが、変異型ウイルスの拡大により依然として不透明な状況が続いております。

 2022年3月期連結業績予想につきましては、当社グループが注力するエレクトロニクス市場において、IoTや5Gの市場拡大、データセンター投資の拡大、スマートフォンや自動車の高機能化に伴う更なる進展に向けた半導体設備投資および各種電子部品の需要拡大を見込んでおります。

 このような状況の下、当社グループは2020年度を初年度とする3ヵ年の山一電機グループ新中期経営計画(2021年3月期~2023年3月期)では、前中期経営計画と基本方針に変更は無く、引き続き「お客様が満足いただける製品・サービスを提供できる会社」に成長することを目指すこととし、この経営目標の達成にあたり「グローバルに連携し、未来につながる製品の創造」という観点から取り組んでまいります。戦略としては、「成長戦略」と「構造改革」を継続して推進し、お客様のニーズに応えられる企業に成長するとともに、より一層の財務体質の強化と将来の成長に向けた経営基盤の強化を図ってまいります。

 皆様のなお一層のご支援・ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

2021年6月



ページトップへ