環境方針/環境目標

基本理念

企業活動のすべての面で地球環境の保全に配慮して行動し、社会の持続的発展に貢献します。

基本方針

「未来に残そう 緑の大地」をスローガンとして、以下の方針を積極的に推進します。

1.環境管理活動の実施

企業活動が環境に与える影響を把握して目標を設定し、ムダの排除と作業効率の向上を含む環境管理活動を実行します。

2.継続的改善と汚染の予防

環境管理システム、製品含有化学物質管理及び環境管理活動の継続的改善を図り、グリーン調達を持続し、環境汚染を予防します。

3.環境関連法規制等の順守

法規制及び自ら同意した利害関係者からの要求を順守します。

4.持続可能な資源の利用

従業員一人ひとりの社会生活が、資源枯渇と環境汚染を招くことを認識し、環境保全の行動を身につける啓発教育を実施し、循環型社会に貢献します。

5.気候変動の緩和及び気候変動への適応

省エネルギー化や廃棄物削減を推進し、気候変動の緩和・適応に貢献する環境保全活動に努めます。

6.環境保護、生物多様性及び生態系の保護

企業活動において、環境を保護し、生物多様性への影響を考慮して生態系の保護・回復にに努めます。

7.この環境方針を公開します。

適用範囲

活動、製品及びサービス

ICソケット、プローブピン、コネクタ、電子基板(YFLEX=フレキシブルプリント配線板)、光学フィルター、光学モジュール、光学装置の開発・設計・製造・販売。

対象者

山一電機グループの組織の管理下で働く人々

山一電機グループでは、次の活動を実施します

大阪、熊本の2営業所においては、電力、ガソリン、事務用紙購入量を削減対象とします。

  • 総排出物削減
  • 電力使用量削減
  • リサイクル率向上
  • コピー用紙使用量削減
  • ガソリン使用量削減
  • 産業廃棄物削減
  • ムダの排除と作業効率の向上を図ります。
  • 著しい環境側面施設の維持管理に努めます。
  • 緊急時の訓練を実施します。
  • 環境管理物質の不使用や削減を目指します。
  • 今夏期電力不足対応策として、エアコン温度28℃の設定やクールビズの早期実施等により電力使用量を削減します。