お知らせ(企業ニュース)

【新製品】次世代高速インターフェース伝送ケーブル「YFCSシリーズ」を開発、試作出荷開始

2017/12/05製品ニュース

 この度、当社はザインエレクトロニクス株式会社*1が開発した次世代高速インターフェース規格V-by-One® US*2
技術仕様に準拠した高速伝送ケーブル「YFCSシリーズ」の試作出荷を開始しました。
本格的な量産開始は2018年を予定しております。

YFCSシリーズ」は当社のYFLEX ®*3で培った高速伝送技術とFPC回路形成技術の融合とともに、
ザインエレクトロニクス株式会社との協業によって開発に成功した次世代高速インターフェース規格V-by-One® US準拠品です。 多チャンネル高速伝送に必要な低クロストークノイズ、低伝送損失、インピーダンス整合を兼備えた、画期的なデザインと柔軟性を合わせ持つ伝送ケーブルの提供が可能です。

 ザインエレクトロニクス株式会社が策定した V-by-One® US規格は、1チャンネル当たり16Gbpsの高速伝送速度が規定されており、8K映像の伝送を行うためには更に複数チャンネルのデータ伝送が必要です。「YFCSシリーズ」はこのような高速並列データ伝送を1本のケーブルで高品質に実現します。

 201812月に実用放送開始が計画されている8K映像データや、医療市場などを中心とした8K映像などに対応する電子機器の需要が2020年オリンピックイヤーに向けて増加すると見込まれております。当社は本製品を早期に提供し高精細な8K映像開発に寄与してまいります。
尚、本伝送ケーブルの開発は、映像伝送にとどまらず、テレコム、データセンターの通信インフラ、測定装置などの28Gbps56Gbpsクラスの伝送ユニットへの展開も検討しています。


写真:【新製品】次世代高速インターフェース伝送ケーブル「YFCSシリーズ」


 
*1 ザインエレクトロニクス

 高速インターフェースや画像処理の分野で世界をリードするミックスドシグナルLSI企業。
 (本社所在地:東京都千代田区神田美土代町9番地1, 代表取締役社長 高田康裕)
  V-by-Oneはザインエレクトロニクス株式会社の登録商標です。

  *2 V-by-One® US

 ザインエレクトロニクス株式会社が策定した4K,8K映像向け次世代高速伝送インターフェース規格であり、
 現在の
4Kテレビ機器内部インターフェースでデファクトスタンダードとなっている。
  V-by-One® HSに続くインターフェース規格です。

  *3 YFLEX®
 山一電機株式会社の高速伝送フレキシブル配線基板の登録商標です。